読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



In environment か On environmentか Under environmentか

前置詞には悩まされる。難しい。外国語学習者にとって、一番難しいのではないのかと思う。親しい米国人の友人も、相当な日本語力だが、テニヲハは間違う。お互いに苦労しているのだ。

 

さて、この業界では「環境」(environment)という言葉をよく使う。例えば、OSの種類やバージョン、その他ドライバだったりコンポーネントだったり、そういったインストールされているものの違いをすべてひっくるめて「環境」なわけだ。

 

お客様から「これこれこういう問題がおきた!」という連絡をいただくと、まずはその現象を再現させるためにいろいろとやってみる。が、現象を再現できるのは2~3割程度で、それ以外は大抵再現できない。環境が違うからだ。

 

そいういうとき、

「我々の環境では問題を再現できませんでした。お手数ですが以下の情報を教えてください」とお願いすることになる。さて、この時いつも迷うのが、環境(environment)の前に使う前置詞だ。

 

一般的にenvironmentの前置詞としてよく使われるのは、inとunderだと思う。この場合の「環境」は、いわゆる「環境汚染」とか「引っ越し先の新しい環境」とか、従来の使い方の「環境」。けれども、コンピューターの世界の「環境」だとどうなるのだろう?

 

同じことを考えている人は世界中にいるらしく、こんなウェブサイトを見つけた。質問している人はスペイン人だが、疑問の内容は私の物と全く同じだ。妙に親近感。

https://forum.wordreference.com/threads/on-in-prd-environment.2802874/

これを読むと、ふむふむ、なるほど・・

on environment (different platforms=different servers)

in environment (different environments on the same platform) 

ならば、

「我々の環境では問題を再現できませんでした。」は、

We were not able to reproduce the issue on our environment.

となるのだろう。使っているサーバーは別物なのだから。

 

on environment という表現は、この業界独特の表現ではないだろうか?

 

以前から思っていたのだが、英語の概念では、コンピュータ上の領域を「面」でとらえて"on"を使うことが、圧倒的に多い。OSなどのインストール済みの基本ソフトの「面」の上で、人がオペレーションしたり、ソフトウェアが走ったりする、そんなイメージなのだろう。そもそも、computerという単語そのものの前置詞が、圧倒的に"on"である。"something in this computer"と言われると、なにやらとても物理的なイメージ、つまりコンピュータの中に本当にあって、ぶっ壊せばそれが出てくる、そんなイメージだ。"something on this computer"なら、somethingはデータのことだとイメージできる。この辺りの"in"と"on"のすみわけが、類似する単語にも影響しているかもしれない。

 

だが、日本語の話者は、コンピュータに存在する領域は「空間」と捉えて、"in"を使いたくなるのではないだろうか。なんたって「メモリ空間」というい言葉もあるのだ。少なくとも、私にはコンピュータ上の領域は「空間」に思える。

 

でもでも、"on"なのだ。まことに前置詞は難しい。

スポンサードリンク

 


スポンサードリンク