読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



自信がないときは

「おそらく、こーなんじゃないの?」

ということをお客様に伝えたいとき、つまり「100%の自信はないが、自分はこう思っている」ときにどう書くか、いつも迷っている。

 

伝える内容の確実性と動詞の関係を考えてみようと思う。といっても、数学の問題ではないから、考えてみて分かるわけではないので、辞書よりも何よりもネーティブの感覚を参考にすることだ。

 

使う動詞は、think / guess / suppose/ assume あたりなのだが、これらの動詞を使った場合、内容の確実性はどれぐらいのかんじで相手に伝わっているのか?

 

https://forum.wordreference.com/threads/guess-think-assume.1424533/

 

上記のサイトで、ロンドン在住のネーティブがこう説明している。

 

I guess = I think, but I'm not absolutely sure

I think = I (definitely) think (it is my opinion)

I assume = based on my knowledge and experience I think/believe this

I suppose = I'm not sure, but let's assume

 

アメリカ英語のネーティブもこの意見に賛成しているから、全世界的にこんな感じで受け取られていると思って当たらずとも遠からずだろう。

 

上記の説明を基に確実性で並べると、こんな感じになるだろうか?

[high]  assume > think >= guess> suppose [low]

 

いずれにせよ、自信がないときは「こう考えている」という動詞をきちんと入れることだ。これを入れれば、間違っていたとしてもそれは単に自分が間違っていただけなので、謝ればおおむね丸く収まるだろう。

 

スポンサードリンク
広告を非表示にする

スポンサードリンク