読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



謝罪三段ギア

カスタマーサポートにとって、謝ることは大事な仕事の一つである。

が、何でもかんでも謝ればよいというものでもない。何事も匙加減は大切だ。

 

謝るとき、私は状況を以下の三つに分類している。

 ① こっちが明らかに悪い

 ② こっちが悪いかあっちが悪いか不明もしくは微妙

 ③ こっちは悪くない

 

①は全力で謝る。使う表現はもちろん、

I apologize for (that)

②は申し訳なさをにじませつつもはっきりとは謝らない。使う表現は、

I am sorry for (that)

③はすまなさを感じさせつつもはっきりとこちらの意見を伝える。使う表現は、

I am afraid (that)

 

実際には、

① I sincerely apologize for the inconvenience that the problem may have caused you.

(このトラブルでご不便をおかけしましたことを心よりお詫びいたします。)

② I am sorry for the inconvenience.

(ご不便をおかけし申し訳ありません。)

③ I am afraid I cannot accept your request.

(申し訳ありませんが、ご要望には沿えません。)

こんなかんじで使っております。

 

スポンサードリンク
広告を非表示にする

スポンサードリンク