読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



チェックボックスを・・・

チェックボックスとえいば、四角い枠で、中にレ点が打てるあれです。

ソフトウェアの世界では、オプション設定をコントロールするのによく出てくる。

 

当然お客様に案内することも多い。

 

「あっちの設定をオフにして、こっちの設定をオンにしてから、もう一度やってみてください」みたいなかんじで。

 

日本語だとチェックボックスには「オンにする」「オフにする」という言葉を使うが、英語だとどうなるのか?

 

チェックボックスは、デジタル以前の紙時代から英語圏ではメジャーな記述方法であったからだろう、それ用の動詞がちゃんとあるのだ。

 

check the checkbox 「オンにする」

uncheck the checkbox 「オフにする」

 

私も普段からこのcheck/uncheckを使っていたのだが、ある日オセアニア圏のユーザーから受け取ったメールに、見慣れない動詞がくっついていた。

 

tick the checkbox

untick the checkbox

 

なんだこれ?スペルミスか?いや、相手はネーティブだしそれはない。

調べてみたら、British Englishがベースになっている国ではtick/untickが主流のようだ。

アメリカ英語では、check/uncheckが主流のようである。

以下のURLで、動詞に何を使うかが話し合われている。

https://forum.wordreference.com/threads/to-tick-check-in-a-check-box-untick.2598452/

 

上記URLには「checkの代わりにclickを使う」という意見もあるが、オンにするときもオフにするときもclickするには変わりがないから、これは誤解を招きそう。よってカスタマーサポートとしてはペケ。今までどおりcheck/uncheckをスタンダードに使っていくことにしようと思う。

スポンサードリンク

スポンサードリンク