読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



containとinclude

containとinclude、この二つの動詞の概念はどう違うのか、いつも分からなくなってしまう。でも、二つの動詞がこうして元気に存在している以上、きちんと棲み分けがあるはずなのだ。言語学上、ニュアンスや用途を含め全く同義の言葉があれば、片方は廃れ、もう片方が生き残ることになっている(らしい。斜め読みの本に書いてあった。)

 

日本語のサイトではこんな感じで簡単に説明されていることが多い。

https://phrase-phrase.me/ja/keyword/include-contain

なるほどね~。これは分かりやすい。

containは主語が「入れ物」、目的語が「入れ物の中の内容物の一つ」。

includeは主語が「全体」、目的語が「全体を作る構成要素の一部分」。

 

でも、英語のサイトでネーティブの意見を読んでみると、そんな簡単なことでもないらしいことが伝わってくる(下記URL参照)。「ほとんど違いがない」という意見もあるので、書く方としては「ほんなら、ど~でもよかっちゃね~。どうせ私はノンネーティブ~」みないな気分になってくるのは私だけだろうか。

http://ell.stackexchange.com/questions/47706/using-contain-vs-include-vs-consist-of-appropriately

 

さて、以下の文、どちらが適切なのだろう?どちらでもよいのだろうか。

悩ましいまま、さようなら。

The new version includes several fixes for the issue you pointed out.

The new version contains several fixes for the issue you pointed out.

(ご指摘いただいた問題に対応するため、新バージョンでは修正がいくつか行われています。)

スポンサードリンク
広告を非表示にする

スポンサードリンク