読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



in detailとfor more details

ここのところ単複問題についてばかり書いているが、またまた単複問題である。 detailとdetails、これも使い分けに苦労する。 detailを辞書をひけば、 1(可算)細部・細目 2(不可算)細部 といった具合で、こりゃー使い分けに困るわけだわ。 詳しくあれこれ考え…

対応有難う

海外の代理店に、あるお願いをしたところ、早速対応してくださった。 さて、なんと言おう。。。 普段は対応する側なもので、立場が逆になると書くのに迷う。 日本語なら「早速ご対応いただき有難うございます」と書くだろう。 英語なら? Thank you for your…

検討します・・・

カスタマサポートには、「こんなのあったらいいなー」という機能追加の要望も結構寄せられる。お客様の生の声を聞けるので、とても有難いフィードバックだ。 しかし、ほとんどの要望にはすぐには対応できない。だから「実装を検討させていただきます」とお答…

下記の

「下記の手順で」「下記のURLから」「下記をご参照ください」「下記のとおりです」などなど、下記シリーズは頻出中の頻出であるが、何を使うか結構迷う。 まず名詞を修飾する場合。 ・the following ・below の二つがあるのだが、この二つの使い方が全く異な…

バージョンとエディション

「以前」「以降」に引き続き、「上位」「下位」について考えていたら、結局「バージョン」と「エディション」の違いにたどり着いた。 ソフトウェアには、時間軸にそって更新されていく「バージョン」と、時間軸とは関係なく性能・機能・目的の差異を明示する…

以降と以前

ソフトウェアは、製品として修正や機能追加が続く限り、バージョンが上がり続ける。 でもって、この機能はと〇〇以前のものでは使えないとか、〇〇以降では新機能をサポートしたとか、バージョンに関する案内をすることが結構ある。 この「以前」とか「以降…

予めご承知おきください

何もかも対応できるわけではないので、承知しておいて欲しいことは結構ある。 日本語ならば「予めご承知おき下さい」となるのだろうが、はて・・・しっくりくる英語は何なんだろうか。 Please note that ~ 私はこれを使うことが多いのだが、書いていてなん…

謝罪三段ギア

カスタマーサポートにとって、謝ることは大事な仕事の一つである。 が、何でもかんでも謝ればよいというものでもない。何事も匙加減は大切だ。 謝るとき、私は状況を以下の三つに分類している。 ① こっちが明らかに悪い ② こっちが悪いかあっちが悪いか不明…

おっしゃるとおり

「おっしゃるとおり」を英語でしかもカスタマサポート係が書くとしたら、何を使うべきなんだろうか?ニュアンスの問題はいつも難しい。「ノンネーティブなんだから通じればいいべ~」というのは、私のモットー(=開き直り)なのだが、とはいえ会社を代表し…


スポンサードリンク