読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語カスタマーサポート係の備忘録

ソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポートをしている会社員の備忘録です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



In environment か On environmentか Under environmentか

前置詞には悩まされる。難しい。外国語学習者にとって、一番難しいのではないのかと思う。親しい米国人の友人も、相当な日本語力だが、テニヲハは間違う。お互いに苦労しているのだ。 さて、この業界では「環境」(environment)という言葉をよく使う。例え…

alsoとtooとas well

追加で何かをお願いしたいとき何といえばいいだろうか、と考えていて、「こちらも」の「も」に何を使うか悩んでしまった。 I'm sorry to trouble you, but could you also add this product? I'm sorry to trouble you, but could you add this product too?…

ここにたどり着くまで

学生で「将来は英語でカスタマーサポートをするのが夢です!」と目を輝かせる人はいないだろうと思う。私も若かりし頃、この職業につくことは予想だにしていなかった。 やってみたら、意外と私の性に合っていた。 遡ることうん十年、まだテレホンカードが現…

in detailとfor more details

ここのところ単複問題についてばかり書いているが、またまた単複問題である。 detailとdetails、これも使い分けに苦労する。 detailを辞書をひけば、 1(可算)細部・細目 2(不可算)細部 といった具合で、こりゃー使い分けに困るわけだわ。 詳しくあれこれ考え…

contentとcontents

以前リリースノートを書いていた時に、こんな文にぶつかった。 「A欄の内容が適切に表示されないバグを修正しました。」 Fixed the bug that the contents of A are not displayed properly. Fixed the bug that the content of A is not displayed properly…

対応有難う

海外の代理店に、あるお願いをしたところ、早速対応してくださった。 さて、なんと言おう。。。 普段は対応する側なもので、立場が逆になると書くのに迷う。 日本語なら「早速ご対応いただき有難うございます」と書くだろう。 英語なら? Thank you for your…

data の単複問題

またまた単数複数問題。 日本語でもよく使うデータという言葉。もともとは、ラテン語。 datumが単数形、dataが複数形だ。なので文法のルールに従えば、dataは複数扱いすべきである。 しかしながら、である。この業界で働いていると、dataは単数扱いされてい…

検討します・・・

カスタマサポートには、「こんなのあったらいいなー」という機能追加の要望も結構寄せられる。お客様の生の声を聞けるので、とても有難いフィードバックだ。 しかし、ほとんどの要望にはすぐには対応できない。だから「実装を検討させていただきます」とお答…

salesの単複問題

カスタマーサポートに来るメールは、技術的なものばかりではない。販売系のメールも来る。 今日、お客様から問い合わせのあった製品は、すでに販売が終了していたものだった。お返事に「この製品の販売は終了しました」と書こうとして、ふと指が止まってしま…

下記の

「下記の手順で」「下記のURLから」「下記をご参照ください」「下記のとおりです」などなど、下記シリーズは頻出中の頻出であるが、何を使うか結構迷う。 まず名詞を修飾する場合。 ・the following ・below の二つがあるのだが、この二つの使い方が全く異な…

わたしと小鳥と鈴と

「わたしと小鳥と鈴と」は金子みすずの詩の題であるが、さて、これを英語にすると、どちらが列挙の記述として正しいか? a) わたし, 小鳥 and 鈴 b) わたし, 小鳥, and 鈴 これは、正式な記述法はb)の方。ついandの前のカンマを忘れてしまうが、これは原則必…

スペルチェッカー

スペルミスはある。かなりある。そしてなぜかメールを送信してしまった後で気が付き、穴があったら入りたい気分になる。 しかし、最近はとても便利な無料ツールがあるので、それを使っている。スペルミスだけでなく文法的なエラーもチェックしてくれるのであ…

自信がないときは

「おそらく、こーなんじゃないの?」 ということをお客様に伝えたいとき、つまり「100%の自信はないが、自分はこう思っている」ときにどう書くか、いつも迷っている。 伝える内容の確実性と動詞の関係を考えてみようと思う。といっても、数学の問題ではない…

not compatible with と not supported by

「互換性がある」の意味は、「何かと何かを取り替えても何かが大丈夫」ということだ。(ますますわからんかも・・) 「互換性がある」は英語でcompatibleという形容詞を使うのだが、似たような場面でよく使われている言葉に「サポートしている」というやつが…

バージョンとエディション

「以前」「以降」に引き続き、「上位」「下位」について考えていたら、結局「バージョン」と「エディション」の違いにたどり着いた。 ソフトウェアには、時間軸にそって更新されていく「バージョン」と、時間軸とは関係なく性能・機能・目的の差異を明示する…

以降と以前

ソフトウェアは、製品として修正や機能追加が続く限り、バージョンが上がり続ける。 でもって、この機能はと〇〇以前のものでは使えないとか、〇〇以降では新機能をサポートしたとか、バージョンに関する案内をすることが結構ある。 この「以前」とか「以降…

予めご承知おきください

何もかも対応できるわけではないので、承知しておいて欲しいことは結構ある。 日本語ならば「予めご承知おき下さい」となるのだろうが、はて・・・しっくりくる英語は何なんだろうか。 Please note that ~ 私はこれを使うことが多いのだが、書いていてなん…

謝罪三段ギア

カスタマーサポートにとって、謝ることは大事な仕事の一つである。 が、何でもかんでも謝ればよいというものでもない。何事も匙加減は大切だ。 謝るとき、私は状況を以下の三つに分類している。 ① こっちが明らかに悪い ② こっちが悪いかあっちが悪いか不明…

「調査する」とは言うけれど

カスタマーサポートにメールが来る時、それはお客様が困っている時である。 問い合わせの中では、「うまくいかない」という問い合わせが最も多いのだ。 「うまくいかない」系の問い合わせの中には、我々の方が「困ったなあ」と頭を抱える案件がある。「うま…

チェックボックスを・・・

チェックボックスとえいば、四角い枠で、中にレ点が打てるあれです。 ソフトウェアの世界では、オプション設定をコントロールするのによく出てくる。 当然お客様に案内することも多い。 「あっちの設定をオフにして、こっちの設定をオンにしてから、もう一度…

ログを取得する

「ソフトウェアにバグはつきもの、バグあるところ、ログがある」 というわけで、なにかトラブルが発生したら、原因を突き止めるために必要なのが「ログ」。ベータ版にログ機能を仕込み、お客様にエラーを起こしてもらってログを送付してもらうことは頻繁にあ…

containとinclude

containとinclude、この二つの動詞の概念はどう違うのか、いつも分からなくなってしまう。でも、二つの動詞がこうして元気に存在している以上、きちんと棲み分けがあるはずなのだ。言語学上、ニュアンスや用途を含め全く同義の言葉があれば、片方は廃れ、も…

おっしゃるとおり

「おっしゃるとおり」を英語でしかもカスタマサポート係が書くとしたら、何を使うべきなんだろうか?ニュアンスの問題はいつも難しい。「ノンネーティブなんだから通じればいいべ~」というのは、私のモットー(=開き直り)なのだが、とはいえ会社を代表し…

install

install(インストール)はこの業界では頻出の中の頻出。でも、いつも前置詞を忘れてしまうのだ。inだったかonだったか、いやontoだったかintoだったか... 文脈で「どこどこにインストールする(されている)」の「どこどこ」の部分は自明なことが多くて、「…

備忘録

これはソフトウェアベンダーで英語カスタマーサポート係をしている会社員の備忘録です。 英語でのメールサポートをしている私。年齢もあって、新しい表現はもう覚えられない・・・今日も何度も同じことを調べている!誰か私の脳みその代わりになっておくれ~…


スポンサードリンク